着圧ソックスは寝るとき注意?正しい効果と就寝時におすすめ商品紹介

むくんだ足をスリムにしたい!そんなときに便利なのが着圧ソックスです。

さらに就寝時に着圧ソックスを使えば一日の疲れとともにむくみともおさらば!なんて嬉しい効果もある一方で、

「逆にむくみがひどくなった」
「きつくてぐっすり眠れない」
「うっ血してしまった」

などのトラブルの声も…。

やはり寝るときに着圧ソックスを履くことは危険なのでしょうか?

ですが何でも正しく使えば効果は出るもの。

ここでは、着圧ソックスを履いて寝るとき注意すべきポイントを紹介していきます。

寝るとき注意!着圧ソックスの正しい履き方

本当なら日中に着圧ソックスを履くべきなのはわかっているけど仕事柄履けない、普通の靴下と違って地味だし履きづらい…

そんなあなたにおすすめなのが就寝時に着圧ソックスを履く方法。
おうちなら恥ずかしがらずに履けますし、家事に、仕事に、日々忙しく働く女性たちにもお手軽な、就寝中に効果を感じられるおすすめのフットケア方法です。

ですが着圧ソックスを寝るとき注意して使わないと、むくみが悪化することも…

ここでは、着圧ソックスを履いて寝るとき注意するべきポイントを、ご紹介していきます。

➀昼用と夜用の着圧ソックスを使い分ける

まず、着圧ソックスを履いて寝るとき注意するべきなのが、靴下の使い分けです。

普段着圧ソックスを昼間も履いている人は、就寝時も同じもので履いていませんか?

かく言う私もその一人でした。

貧乏性&ずぼらな性格が災いし、どうして着圧ソックスを履いているのに効果がないのだろう、と日々疑問に思っていました。

実は、就寝中と昼間起きているときでは、あまり動かず、じっとしている就寝中のほうが、血圧が低く、血流はゆっくりになるので、弱い圧力のほうが適しているのです。

一般的に、昼用の着圧ソックスのほうが、夜用の着圧ソックスにくらべて圧力が強い傾向にあります。

就寝中に、昼用の着圧力の強い着圧ソックスを使うことは血管を締め付け、血流が悪くなり、むくみにつながります。

昼用の着圧ソックスを就寝時に使っている人は要注意です!

②高すぎる圧力のものは避ける

もう一つ、着圧ソックスを履いて寝るとき注意するべきなのが、着圧ソックスの圧力の高さ。

着圧ソックスには、圧力の強さの種類があるのはご存知でしょうか?

圧力が強いほど、むくみには効果があるように思えますが、強すぎる締め付けは、かえって血流を妨げ、むくみを悪化させてしまいます。

むくみ対策に着圧ソックスを履く場合は、以下の圧力がおすすめの目安となります。

  • 足首…20~30hPa
  • ふくらはぎ…10~20hPa
  • 太もも…5~15hPa

これ以上の圧力の着圧ソックスは、医療用に分類され、主に静脈瘤の治療などに使われています。
本来なら、お医者さんの処方が必要になるものです。
健康な人がちょっと体の調子が悪いからと言って強い薬を飲んでも、かえって体調を崩してしまいます。何事もほどほどが大事です。

③脚にフィットするように履く

きちんと着圧ソックスが脚にフィットしているか、寝るとき注意していますか?

着圧ソックスは、足首、ふくらはぎ、太もも、と各部位によって圧力が異なります。

足首が一番強く、ふくらはぎ、太ももにかけて、最適な着圧力は弱くなっていきます。この圧力の違いが、むくみ解消の効果につながるのです。

中途半端な位置で着圧ソックスを履いてしまうと、不自然な形で圧力がかかってしまい、効果が出ないばかりか足への負担にもなってしまうのです。

ですので、就寝時に着圧ソックスを履くときは、足首、ふくらはぎ、太もも、と着圧ソックスがたるみなく体にぴったりとフィットしているかを確認してから眠りましょう。

④自分に合ったサイズのものを履く。

これは寝るとき注意するべきだけでないのですが、着圧ソックスを履くときは、脚のサイズに合った着圧ソックスを身に着けましょう。

特に、着圧ソックスのように身体に着圧をかける商品は、小さいサイズを身に着ければ、それだけ体に強い着圧がかかってしまい、負担にもなります。
脚をスリムに見せたいからと、小さめのサイズを選ぶのはかえって逆効果。自分の脚のサイズに合った、適切なサイズを選ぶのがおすすめです。

以上が靴下を履いて寝るとき注意すべき点です。この4点を、着圧ソックスを履いて寝るとき注意しましょう。

  • 昼用と夜用のソックスを使い分ける。
  • 高すぎる圧力のものは避ける
  • 脚にフィットするように履く
  • 自分に合ったサイズのものを履く

着圧ソックスでむくみが解消する理由

着圧ソックスでむくみ解消

ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれるほど、全身に血液を送るうえで、重要な働きをしています。

むくみの原因は、うまく流れることができず、溜まってしまった血液やリンパです。特に足は、体の下に位置しているため、重力の影響で血流などが滞りやすく、むくみやすいのです。

本来なら、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たし、滞ってしまった血液やリンパを押し返してくれます。ですが、運動不足でふくらはぎの筋肉が少ない場合、筋肉の量がもともと少ない女性は、このポンプ作用がうまく働かず、足がむくんでしまうのです。

そこで、着圧ソックスでふくらはぎに圧力を加えてポンプの働きをサポートしてあげると、血液やリンパがうまく流れるようになり、むくみが改善するのです。

寝るときおすすめの着圧ソックスは?



寝るときおすすめの着圧ソックスは、『夜用』と書いてあるものです。

夜用の着圧ソックスは、寝るとき注意するべき圧力も比較的弱めで、寝ている間に締め付けすぎることもありません。

夜用の着圧ソックスは、太ももまですっぽりおおってくれるロングタイプもおすすめです!
ロングタイプのものは、脚全体をすっぽりと覆ってケアしてくれるので一日の疲れを癒すのにもおすすめです。


他にも、夏にひんやり気持ちいい冷感タイプや、冬にはポカポカな起毛仕様のものなど、夜ならではの種類がたくさんあります。カラーも普通の靴下のようにかわいいものが多いので、選べる楽しみがあるのも嬉しいですね♪

着圧ソックスはどこで買えるの?それともAmazon?

では、着圧ソックスはどこで買えるのでしょうか。

着圧ソックスで一番有名なのは、「メディキュット」でしょうか。

古くからある人気の商品で、この「メディキュット」ですと、ドラッグストアなどで簡単に買うことができます。

近所のドラッグストアで簡単に購入できるのはとっても嬉しいですね!

ですが小さなドラッグストアでは品ぞろえが揃わないことも多く、目当ての夜用のソックスがない!なんてこともしばしば…。もし近所のドラッグストアの品ぞろえに不安を感じた場合は、Amazonのような大手通販サイトで探すのもおすすめです。

他にも、通販ではむくみ解消のほかに、脚をスリムに見せてくれる効果がある着圧ソックスの商品もたくさんあります。

たくさんの商品が揃うAmazonのような通販サイトは、「メディキュット」以外にもたくさんの品が揃っているので、自分に合った商品を比較しながら探すことができます。

Amazonなどの通販サイトでは、実物を見ることができない、という欠点もありますので、その際はしっかり商品説明や寝るとき注意するべき圧力、公式サイトの情報などを確認しましょう。

正しい着圧ソックスの使い方で快適着圧ライフを♪

きちんと寝るとき注意して履けば、着圧ソックスも危険なくむくみ解消効果を得ることができます。


毎日忙しく日々を過ごす女性にとって、寝ながらフットケアができる着圧ソックスは何よりも便利なもの。

着圧ソックスを履いて寝るとき注意すべきポイントに気を付けて、スッキリ足ライフを送ってください♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*